初心者には簡単に~もっと深く知りたい。手作りパンキッチン。

パン作りをする人のためのパンキッチン

映画「ハウルの動く城」の舞台コルマール、そしてブルターニュのサンマロへ

映画「ハウルの動く城」の舞台のモデルとなったLa Petite Venise

2016年5月にワーキング・ホリデーを利用し、20代最後のチャンスと、単身フランスへ渡ったパン職人のイヌイ ヒカリさん。日本のパン屋で7年働いた経験を活かし、フランス語経験が浅いながらも、パンの仕事と料理をしたかったから、と飛び込んだフランスでのリアルライフをお届けします。ノルマンディー地方の田舎町サン=ローで4カ月過ごし、ヴェルサイユ宮殿からほど近くにあるブーランジェリー&パティスリー「Au Chant du Coq」にてパン製造を担当。その後、現在はフランス国内を巡る旅へ。

お疲れさまです!
早速ですが、前回からの旅の続きで、映画「ハウルの動く城」の舞台のモデルになったコルマール(Colmar)に行ってきました。 パリの東駅からTGVでストラスブールに行き、そこからまた乗り換えてTERに乗り30分でコルマールに着きます。

コルマール駅
寺院

あ、この写真は駅から歩いて見つけた寺院です。
そして、駅から歩いて15分くらいで、目的地のウンターリンデン美術館 「Musée Unterlinden」に着きました。元修道院の美術館です。

ウンターリンデン美術館 「Musée Unterlinden」

ウンターリンデン美術館 「Musée Unterlinden」

ウンターリンデン美術館 「Musée Unterlinden」
ウンターリンデン美術館 「Musée Unterlinden」

上の写真は旧修道院の回廊(正方形の庭を囲んだ写真のような廊下がある所)なんですが、庭もとてもいい感じで廊下にもいくつかの作品が展示されていました。

そして、この美術館で一番有名な絵、イーゼンハイムの祭壇画はすごく大きい絵なんです!迫力があっていい感じでした!

ウンターリンデン美術館 「Musée Unterlinden」

ウンターリンデン美術館 「Musée Unterlinden」

美術館の次に向かったのは、映画「ハウルの動く城」の舞台のモデルに使われた街、La Petite Veniseへ!!
向かっている途中も、とても可愛いくて、アルザスらしい木造の古民家のような建物をたくさん見かけました。

上の写真はまだLa Petite Veniseではないんですが、既に素敵な街並みですよね。
そして美術館から徒歩10分位で着きましたよ、ハウルの世界です!!

La Petite Venise

そして、川床みたいな場所でアルザス料理を食べました!魚のシュークルートと肝などを団子状にした料理。とても美味しかったです。

アルザス料理アルザス料理

次に訪れた街は、コルマールは東仏だったのに対して、西仏のサンマロ(saint- malo)です!
一旦パリに戻り、またパリからコルマールとは反対方向のTGVに乗ります。レンヌでTERに乗り換えて2時間半くらいでサンマロに着きましたよ。

サンマロ駅

サンマロ駅から中心地へは、バスで10分くらいです。 城壁に囲まれている旧市街はとてもかっこいい感じなんですよ!

サンマロ旧市街
サンマロ旧市街

街全体が城壁で囲まれているので、城壁の上を歩いて一周まわれるんですが、横は砂浜と海なのでとても綺麗なんですよ!
夏はたくさんの人がバケーションに海水浴に来たりするみたいで、ブルターニュでは、人気の観光地なんです。街の中にはブランドの店やお土産屋やレストランもたくさんあってとても楽しい街でした。

サンマロ旧市街サンマロ旧市街

そして!ブルターニュといえば、ガレットなんです!!
ガレットは、そば粉を使ったクレープなんですけど、中にはチーズや卵とかいろいろな具材がはさまれていて、ボリュームもあって美味しいんです。現地の人はガレットに合わせて、シードル(林檎酒)を飲むんですけど、写真のように陶器で飲むのがブルターニュ流だそうです。

ブルターニュのガレット
ブルターニュのガレット

みんなガレットとシードル飲んで、デザートに甘いクレープを食べ、最後にカフェでしめるみたいなんですよ。
ここのお店「La crêperie Le Corps de Garde 」は美味しいと評判を聞いてただけあって、本当に美味しかったですよ!
コルマールでもサンマロでも、美味しい物に出会えて良かったです。
どちらの街もすごく個性があって楽しかったです。

ブルターニュのガレット

さてさて。実はすいません、連絡が遅くなってしまったのですが、ビザの期限がきて帰国する事になりました。
次回は、日本に帰国後となりますけど、まだまだ、とてもいい景色を紹介しきれてないので、もう少し続けさせてもらいますね。

そうですか。もう旅立ってから1年経ちますね。
あっという間でしたね。ありがとうございます。
まずは、気をつけて帰国して下さいね。
その後も引き続き、旅の思い出をつづって頂けるようなので、楽しみにしています!

▼ 東仏 コルマール(Colmar)

▼ 西仏 サンマロ(Saint-Malo)

新着記事

おすすめ記事

パンづくり基本動画

Return Top