初心者には簡単に~もっと深く知りたい。手作りパンキッチン。

パン作りをする人のためのパンキッチン

パン作りの発酵かご(バヌトン)をボウルで代用してみた


パン作りの道具 番外編パート2です。
一度は焼いてみたいカンパーニュ。
レシピを見ていると、よく出てくる発酵かご。

・発酵かご(バヌトン)のお手入れって?洗えるの?
・大きさを変えたい時は?

このためだけに買うのはちょっとと、ためらう方のお気持ちわかります。

発酵カゴを買わなくても、ボウルで代用できますよ。
この方法なら、ボウルのサイズで好きな大きさを使えますし、洗えるから安心、お手入れ要らずでおすすめです。

 

発酵かごを使う理由
成形後、2次発酵の時に大きい生地が拡がってだれないように入れる意味と、ぐるぐるとした渦巻模様(デザイン)を付けるためという理由もありますね。
なので、絶対模様を渦巻きにしたい!、ということでなければ、他の物でも問題ないのです。

 

用意するもの

●ボウル(またはザル) 1個
●ふきんや麻布(キッチンペーパーなど) 1枚

生地の大きさに合わせて、ボウルを用意します。
今回はご家庭によくあるもので、手軽なキッチンペーパーを使います。
ガーゼや麻布など、目の粗い布を使うと模様(デザイン)も素敵に仕上がります。

 

使い方は簡単ボウルにキッチンペーパーを入れ、打ち粉をします。
キッチンペーパーは濡らさず、乾いたままです。

生地の表面を下向きにして、ポンっと入れます。
はい、これだけです。

発酵終了後、こんな風に焼き上がりましたよ。
ぜひ試してみて下さいね。

2016/09/09 TEXT & Photo:Pain Kitchen

パン作りの基本を知っておこう(道具・材料・工程)

新着記事

おすすめ記事

特別編・小麦農場からの秋便り

特別編・小麦農場からの秋便り

今回、ご縁が繋がり、北海道で小麦を作られている、中川農場よりお便りを頂きました。 土壌を自然と同じ状態に近づけ農作物を育てる、オーガニックや自然農法を実践されているそうです。 自然や農場と向き合う生産者が感じることを伝えたいという想いから、...

パンづくり基本動画

Return Top