初心者には簡単に~もっと深く知りたい。手作りパンキッチン。

パン作りをする人のためのパンキッチン

キノコのガレット(パンレシピ動画)

秋の味覚、きのこの香りをたっぷり楽しめる、全粒粉生地を使ったパン。石臼挽きなど細挽きされた全粒粉小麦を選んで下さいね。

 

動画をみていくと、メールアドレスを登録する場面があります。よろしければ、メールアドレスを入力後、動画をお楽しみください。登録して頂いた方には、新着のお知らせ等をご案内します。
調理時間 Lv 卵使用 乳使用
150分 12345 ×
材料(4個分)
全粒粉生地(約200g作る場合)
 全粒粉(強力粉)120g
 ※今回は、国内産小麦「はるゆたか」石臼引き全粒粉を使用。
 洗双糖 2g
 塩 2g
 インスタントドライイースト 2g
 太白胡麻油 12g
 水 85g

フィリング
 キノコのソテー
 (エリンギ1パック、しめじ1パック、エシャロット20g、バター10g、塩少々)
 粉チーズ(パルミジャーノレッジャーノ) 適量

仕上げ
 太白胡麻油 適量

1 ミキシング1

全粒粉・砂糖(洗双糖)・塩をボウルに入れ、きれいに混ぜる。
(イーストと塩が直接当たると発酵障害が起きるため)

2 ミキシング2

(1)にインスタントドライイーストを入れ、丁寧に混ぜる。更に水を入れ、混ぜる。

 

3 生地作り

作業台に生地を出し、こすり付けるようにこねる。生地の表面が滑らかになるまでこねる。引っ張ってもちぎれずに伸びるのが目安。更に生地をたたき伸展性を出す。
表面がつるんとし、生地を引っ張り膜が張った状態。

生地を再度ボウルに戻し、太白胡麻油を入れる。生地をカードで刻みながら、油脂が馴染んで来たら作業台に出す。表面のテカりがなくなるまで、こすり付けるようにこねる。
生地をたたく。ゆっくり生地を引っ張り、薄く均一な膜が張るのが目安。

【1次発酵】 ラップをかけて温かいところで30分

4 分割

生地を作業台に出し、4等分する。それぞれを丸め、生地の閉じ目を下向きにバットに並べる。

【ベンチタイム】ラップをかけ、温かいところで約20分。

5 成形

手の平で包み込むように、丸めなおす。ガスを抜く。再度丸めなおす。閉じ目を下にし、天板に並べる。

【2次発酵】ラップをかけ、温かいところで約25~30分。
(オーヴンを230℃に予熱し、焼成の準備をします。)

6 焼成

太白ごま油を表面に塗る。生地の中央を指で押さえるように、窪みを作る。ソテーしたきのこを載せ、パルメザンチーズを振りかける。230℃のオーヴンで10~12分焼成。

新着記事

おすすめ記事

旬の食材1.とうもろこし

【8月】素材編:とうもろこし/鱧/桃/すいか

8月は夏の最盛期。湿度も高く、日差しも強いので体力の消耗が一段と激しくなります。水分のとりすぎなども手伝って食...

パンづくり基本動画

Return Top