初心者には簡単に~もっと深く知りたい。手作りパンキッチン。

パン作りをする人のためのパンキッチン

ヴェルサイユ宮殿を散策

2016年5月にワーキング・ホリデーを利用し、20代最後のチャンスと、単身フランスへ渡ったパン職人のイヌイ ヒカリさん。日本のパン屋で7年働いた経験を活かし、フランス語経験が浅いながらも、パンの仕事と料理をしたかったから、と飛び込んだフランスでのリアルライフをお届けします。ノルマンディー地方の田舎町サン=ローで4カ月過ごし、ヴェルサイユ宮殿からほど近くにあるブーランジェリー&パティスリー「Au Chant du Coq」にてパン製造を担当。
※ヴェルサイユは、パリ中心部から電車で約1時間の街。

お疲れさまです。
こっちは、木々の紅葉が進んで、朝は5℃になるほど寒くなってきましたよ。日が沈むのも早いし、朝も7時半すぎてやっと明るくなり始めるので、夜が長いです。

今回は、ヴェルサイユの街を紹介していきますね。

ここは、店からヴェルサイユ宮殿に行くまでの道です。
だいたい、歩いて20分くらいで到着します。

そろそろ街も、クリスマスに向けての準備が始まってくる頃ですね。

ヴェルサイユの街の中でも、この辺りは地元の人が買い物するような食材店とか、いろいろな店が並んでて、買い物スポット的なところです。

広場ではマルシェ(朝市)が開かれているんですけど、日本でいう商店街的なところもあって、宮殿の観光以外でも楽しめる場所もありますよ。

そして!

なんと言っても、あの有名なヴェルサイユ宮殿があります!

とはいえ、実はまだ、宮殿の中には入ったことが無いんですけど、、笑
ヴェルサイユ宮殿の奥にある庭園は無料で入れるので、今回は宮殿を通り過ぎて、そちらの方へ。


庭園内は、プチトラン(petit train/ミニ列車)が走っているぐらいかなり広い。その庭園だけで、1日過ごせちゃうぐらいです。
ヴェルサイユの街でサンドイッチを買って、公園の中でのんびり食べるのもいいと思います。

最近できたらしいのが、滝?みたいな噴水。
なんか妙に、後付け感がありますが、、。

庭園の中をひたすら歩くと、
・・・・マリー・アントワネットが暮らしたという、宮殿の別邸(プチ・トリアノン)があったりします。


こんな感じでほんとにかなり広い庭園になっていて、所々ベンチがあるんで、休憩しながら回るのがオススメです。

次回は、どうしようかなと考えてたんですが、先日パリでサロン・ド・ショコラやマルシェを見てきたので、そのお話にしますね。
Salut!

サロン・ド・ショコラ!本場じゃないですかー。
うらやましいし、楽しみです!
Merci Beau Coup!!

 

Photo&Text:Hikari Inui

Palace of Versailles(ヴェルサイユ宮殿)

新着記事

おすすめ記事

パンづくり基本動画

Return Top