初心者には簡単に~もっと深く知りたい。手作りパンキッチン。

パン作りをする人のためのパンキッチン

フランス・サン=ローのマルシェ散歩

2016年5月にワーキング・ホリデーを利用し、20代最後のチャンスと、単身フランス・サンローへ渡ったパン職人のイヌイ ヒカリさん。
日本のパン屋で7年働いた経験を活かし、フランス語経験が浅いながらも、パンの仕事と料理をしたかったから、と飛び込んだ、フランスでのリアルライフをお届けします。滞在中はフランス内を移動しながら、パリの店を目指します。
イヌイさんとは、7時間の時差を超えFacebookのメッセンジャーで、編集部オガワとやりとりさせて頂いた内容をまとめています。
※サン=ロー(Saint-Lo):パリから西へ約305km/モンサンミシェルから電車で約1時間の町

お疲れさまです。
ちょっと前までは夏の天気で、晴れた日が多かったんですが、最近は、ノルマンディーらしい曇り空ばかりです。

写真がどれも曇り空ですけど、
前にも少し話したサン=ローのマルシェ(市場)を紹介します!

サン=ローのマルシェは、
基本的に金曜と土曜に開催されてて、金曜日は小さいんですけど、土曜日はお店もたくさん並んで大きんですよ!

ちなみに、マルシェがない普段の日は、こんな閑散とした感じです

・・・ が、お店が並ぶと(下の写真)

華やかで、町の人がたくさん買い物にくるので活気があります。日本であまり見ない野菜では、ビーツとかカルチョフィとか、アプリコットなどが、たくさん売られてますかね。

食材の色も綺麗だし、わくわくしますね。
種類も豊富で、見ているだけでも楽しそう。

このお店、黄色がかわいいですね~。
日本の屋台は地味ですけど、とっても素敵。

これは、チーズ屋さんなんですよ。

かなりの種類が置いてあるし、なんと言ってもチーズが安い!日本の半分の値段ぐらいで買えます。
あと、バターも安い!
しかも、フランスのバターは味が濃くておいしいので、機会があったら食べてみてください。

あと、お惣菜屋さんもありますが、露店で焼いているところがダイナミックでいい感じなんですよ~。

おじさんの後ろ、ちょっとわかりにくいんですけど、よく見てみてください。
トラックにロースターを載せていて、ぐるぐる丸鶏を焼いてます!

これは、ソーセージ屋さんなんですよ!!

ソーセージも自家製で大きくて美味しいです。
だいたいみんなパンに挟んでるのを頼むんですけど、パンがバケットなんで、かなりボリュームがあるんです!
わかりやすく言うと、バゲットハーフサイズ(20~25cm)にソーセージ挟んでる感じ(笑)

美味しそう!そして、本当にビッグ!
外国のサンドイッチってすごく大きいと思ってたんですけど、ローカルの方は、分けて食べてるんですか?

いやぁ、ソーセージパンは一人で食べてますね。
すごいですよね。
やっぱり、こちらの人には分ける文化はないので。

これ、食材として売ってるんです。

鴨のひよこですね。

こちらは、なんですかね・・・
ニワトリの仲間みたいです(苦笑)

田舎のマルシェらしいのは、鳥が売られている所ですかね。
パリのような都会ではないみたいです。

あとは・・・
食べ物以外だと、
こんな絵本屋さんも出してたりしますね。。

フランスのいろんな町でマルシェが開催されてるんで、来られた時は調べて朝から見に行くと面白いと思いますよ!

そうだ、先日、世界遺産のモン・サン=ミシェルに行ってきたんですよ!
写真ももちろん撮ってきたので、次回はその事にしますね!

Salut!

うらやましい!!よろしくおねがいします!
ぜひぜひ楽しみにしてますね。
Merci Beau Coup!!

 

Photo:Hikari Inui、 TEXT:Pain Kitchen

新着記事

おすすめ記事

【2月】素材編:菊芋/みかん/芽キャベツ/紅玉

【2月】素材編:菊芋/みかん/芽キャベツ/紅玉

2月は雪の季節。今年は1月に大雪が多かったのですが、さて今年の2月はどうでしょう。根菜を中心とした冬野菜が本格...

パンづくり基本動画

Return Top