初心者には簡単に~もっと深く知りたい。手作りパンキッチン。

パン作りをする人のためのパンキッチン

【9月】料理編:そうめんカボチャのガレット 他


暑かった夏の締めくくりとなるお料理。栄養満点というよりは、爽やかに夏の終わりを味わえるプレートを取り揃えてみました。食材の特徴を上手に生かす工夫を楽しめるはずです。

冬瓜のスープ

鶏の出汁と野菜から取り出した冷製スープ仕立てで、冬瓜の果肉をいただきます。淡白な冬瓜は、あっさりとしたスープと相まって口当たりさえ涼しく感じます。

イワシのヴァプール、ジュレ包み

ヴァプールとはフランス語で「蒸気」の意味。イワシを蒸して柔らかな食感に仕上げ、色とりどりの野菜と一緒に、トマト水で作ったジュレに閉じこめました。見た目にも鮮やかで、イワシのふっくらとした味わいを、ジュレの柔らかさとともに楽しんでいただけます。

そうめんカボチャのガレット

そうめんカボチャを薄く引いてカリッとソテーし、その上にフォエグラのソテーをのせ、イチジクのソースで合わせました。そうめんカボチャはあっさりとした味わい。逆にフォアグラとイチジクソーズはしっかりとした口当たり。その組み合わせがユニークです。

冷たいペペローニと鴨

炒めたペペローニ(パプリカ)の皮を剥いて刻み、ワインビネガーなどの調味料でマリネ。細いパスタのカッペリーニと合わせます。これに柔らかくローストした鴨肉をのせていただきます。シンプルな味わいのパスタが、鴨肉本来の濃厚さを引き立てるのがポイントです。

鮮魚のポアレ、3色の野菜ソース

鯛の白身をポワレし、3色の野菜ソースで味覚の違いを楽しみながらいただきます。黄色のソースはトウモロコシ、緑はほうれん草、そしてグレーは焼きナス。甘く、あっさり、ほろ苦い。見た目の鮮やかさも味わいの一つです。

マチェドニア

マチェドニアとは、フルーツカクテルのこと。スイカを中心に、色とりどりの旬のフルーツをとりあわせた大人のデザートです。甘ほろ苦いスパークリングが、フルーツのカクテル感覚をさらに引き出してくれます。

 

協力:add:PAINDUCE
TEXT & Photo:Pain Kitchen. Tetsuro Nanya

新着記事

おすすめ記事

【11月】素材編:柿/紫芋/カステルフランコ他

【11月】素材編:柿/紫芋/カステルフランコ他

11月は紅葉の本格シーズン。木々だけでなく野菜もその他の食材も、日に日に気温が下がっていくのを感じて脂肪を蓄え...

パンづくり基本動画

Return Top