初心者には簡単に~もっと深く知りたい。手作りパンキッチン。

パン作りをする人のためのパンキッチン

フォカッチャ作り(編集部で試してみたよ)

初めまして。パンキッチン編集部のオガワです。
パン作り経験ごく浅の私ですが、 パンキッチンレシピで、手ごねパンに挑戦します。
シェフのレシピを見て、初心者が家でもできるかな、という目線でおつきあい頂けたらうれしいです。

さて。

まずは、「フォカッチャ」レシピを試してみました。
小麦粉は、はるゆたか1種類で作ります。
しっかり、計量をすませてスタートです!

インスタントドライイーストの分量は、1.2gとあったのですが、
デジタルスケールが小数点以下に対応していなかったので、
四捨五入し、1gとして計量しました。

塩とインスタントドライイーストも、しっかり混ぜて、
牛乳・水・オリーヴオイルも無事投入。
泡だて器じゃなく、カードで混ぜるべきだった。。べとべとになります。

作業台でこねだします。
こねた回数の変化が分かるように、数えてみました。
まずは台に20回こすり付けた後は、
ぼそぼそしたかんじ。

さらにこねて、40回になると、少しまとまってきたかんじ

そして、60回になると、生地の表面がすこし滑らかに。
ここでストップ。

生地を引っ張ってみると、こんな具合。あっという間。

さて、ここから1次発酵へ。

オーブンの発酵機能を使って、35℃・30分に設定。
夏の室温も高い時期は、
こねている間に発酵し始めると聞いたことがあるので、低めにしてみました。
ほんの少し、ふんわり大きくなっているのがわかりますか?

指で押してみると、くぼむくらい。

三等分して、丸める。
手の平を丸くした方がうまく丸まる気がします。

そしてベンチタイム。
こちらもオーブンの発酵機能35℃・20分に設定。

そして、成形。
さっきと同じように、丸め直し、2次発酵へ。
再びオーブンの発酵機能35℃・30分に設定。
大きくなったかも?と不安になるくらい微妙なふくらみ。

そして、いよいよ最後に、ピケを空けて、オリーヴオイルを塗って、
パルメザンチーズを振り、オーブンへ。

焼けた!!チーズの香りが!
こねる時間が少ないので、全然ラクでした。
生地を2倍の分量にしても作れるかも。

断面はこんなかんじ。

<きょうの教訓>

一.発酵をもう少しとるべきか・・・見極めがむずかしい。
二.計量の小数点以下は、四捨五入でも大丈夫そう。

ご参考までに。ぜひどうぞ。

TEXT & Photo:Pain Kitchen

新着記事

おすすめ記事

森本まどか流、生地作りにおける3つの技

森本まどか流、生地作りにおける3つの技

人呼んで、「国産小麦の母」。 札幌で「ATELIER TABLIER」(アトリエ・タブリエ)を主宰する森本まど...

パンづくり基本動画

Return Top